かつて存在した王族「ハプスブルク家」とその帝国についてまとめ、ヨーロッパの歴史について調べてみる

かつて存在した王族「ハプスブルク家」とその帝国についてまとめ、ヨーロッパの歴史について調べてみる

#「ハプスブルク家」とは

現在のスイス領内に発祥したドイツ系(アルザス系)の貴族。

スイスの弱小貴族から絶大な権力を持つ皇帝となり、やがて凋落を迎える

13~20世紀初頭までの645年にわたって、神聖ローマ帝国とオーストリア王朝の皇帝として、ヨーロッパを牽引した名門です。

全盛期には、ヨーロッパの大部分と南米まで統治した。

帝政の中心となったのがウィーン。

参考サイト