カンボジア王国の歴史を調べる中で重要な「ポル・ポト」と「クメール・ルージュ」についてまとめてみる

カンボジア王国の歴史を調べる中で重要な「ポル・ポト」と「クメール・ルージュ」についてまとめてみる

#「ポル・ポト」とは

カンボジアの政治家。
民主カンプチア首相、カンボジア共産党中央委員会書記長を務め、クメール・ルージュの精神的指導者として知られる。

#「クメール・ルージュ」とは

1968年から1996年に活動したカンボジアの政治勢力、及び武装組織。

# クメール・ルージュによる200万人の大虐殺

政治犯収容所トゥールスレンの他、プノンペン市内には数か所の政治犯収容所があったという。
収容所内では理不尽な尋問や拷問が行われ、合計で14000~20000人の収容者の内、生きて戻ってこられたのはたったの8人だけだったという。
遺体を埋める場所が無くなった後、処刑・埋葬場所をキリングフィールドに移し、処刑を続けた。

参考サイト