戦争には欠かせなくなった「民間軍事会社」というビジネス

戦争には欠かせなくなった「民間軍事会社」というビジネス

#「民間軍事会社」とは

PMC(private military companyの略)とも言われる。
1980年代末期から1990年代にかけて生まれ、2000年代に急成長した。 直接戦闘、要人警護や施設、車列などの警備、軍事教育、兵站などの軍事的サービスを行う企業であり、新しい形態の傭兵組織のこと。

冷戦が終わり、大規模な戦争が少なくなった後、テロリストが仕掛ける戦争が増えた。
主権国家は正規軍を維持するほどの財力がなく、アメリカなどの正規軍に治安維持等を依頼する形となったが、コストがかさみ、その形態を維持することが難しくなったことから、新手の軍需産業として需要が高まった。

参考サイト