外来種問題「ビクトリア湖の悲劇」とは何だったのか?

外来種問題「ビクトリア湖の悲劇」とは何だったのか?

#「ビクトリア湖の悲劇」とは

ビクトリア湖とは、ケニア・タンザニア・ウガンダに囲まれた世界で2番目に巨大な湖のこと。 その大きさは九州の約2倍、琵琶湖の約100倍、6万8800キロ平方メートルだという。

以前、ビクトリア湖には400種ほどの固有種が生息しており、「ダーウィンの箱庭」と呼ばれるほどに生物多様性が豊かな場所だった。ビクトリア湖に生息していた在来魚はほとんどが草食性だった。

1954年、当時ビクトリア湖では長年の淡水魚の乱獲で漁獲量が激減し始めていたため、外来魚であるナイルパーチが放流された。漁業で生計を立てているビクトリア湖周辺住民は窮余の策として、繁殖力が強く、大型に成長するナイルパーチを移入したのだった。

ナイルパーチは魚食性の魚で、ビクトリア湖の在来種を次々に捕食し、漁業者の思惑通りに漁獲量は飛躍的に上昇したが、それとは対照的に在来の魚や甲殻類は激減した。

その在来魚の主なエサは沿岸の藻であったため、その藻を食べる魚がいなくなることで、ビクトリア湖では藻をはじめ、ホテイアオイやアオコがが繁茂した。それによって、水中では酸欠状態となり、より多くの在来魚が絶滅の危機に陥った。

在来魚類の200種以上が絶滅、もしくは絶滅危惧状態に追い込まれたと言われいる。

参考サイト