ユダヤ教徒への虐殺の歴史を調べ、今まで知らなかった「シオニズム運動」と「ポグラム」についてまとめてみる

ユダヤ教徒への虐殺の歴史を調べ、今まで知らなかった「シオニズム運動」と「ポグラム」についてまとめてみる

# 「シオニズム」とは?

ユダヤ人の民族国家をパレスチナに樹立することを目指した運動のこと。
19世紀末ヘルツルらの主導下に興起し、1948年イスラエル国家を実現。

# 「ポグラム」とは?

一般に、19世紀後半~20世紀前半にロシアで起こったユダヤ人に対する集団迫害行為(殺戮・略奪・破壊・差別)のこと。
また、シオニズム運動は、19世紀末に南ウクライナで連続して発生したユダヤ人虐殺に大きな衝撃を受けたロシアのユダヤ人たちによって、本格的に開始された。

# 基本構図

ロシアを含むヨーロッパにおけるユダヤ人迫害が契機となって、列強の支援を受けながらユダヤ人がパレスチナ地域に押し寄せ、国家建設を行ったことで、もともと暮らしていた人々や、その同胞としての周辺諸国のアラブ人との間で争いが生まれた、というのが大きな歴史の流れ。

参考サイト